借金 減らす方法

債務整理で借金減額

借金減額の仕組ってどういう事?
本当にできるの?

最近よく耳にする「債務整理」で借金減額、過払い金請求などの言葉、一般の人にはなじみのない言葉ですよね。
しかし、おそらくこれを見ているあなたは借金を抱え困っていて、その意味を的確に知りたいと思っているのではないでしょうか?

水道光熱費が払えなくなった、食費にさえ困る、家賃ももちろん滞納しているという状況ではないでしょうか?

借金で首が回らなくなってきたなら、迅速な対応が必要です。
ご自身が考えているより、社会的には緊急性が高い問題なのです。

まずは減額交渉を行って借金を減らしましょう。
減額交渉と言うのは、当然、法律に則った権利を行使するだけのことなのです。

生活が困窮すれば体力的にも精神的にも衰えてしまいます。
病気になれば治療費が掛かりますし、仕事にも大きな影響が出るでしょう。
借金が引き起こす悪循環は計り知れません。

早期に完済して借金から解放されるためにも、借金を減額させましょう。
そのためにもここでしっかり借金問題と向き合うことが必要です。

減額とはどのようなことを意味するかと言うと、今後の利息をカットすることで合意する和解交渉のことを言います。
業者の考えとしては、返済に困窮した顧客に対して利息を含めた高額な返済を強く迫り顧客に破産されるより、
元本だけでも返済された方がマシと考えるのです。

そうはいっても、業者は個人の交渉にはなかなか応じてくれないため、任意整理を行うのは弁護士や司法書士へ相談するのが確実です。
この利息をカットする減額交渉を、正確には任意整理と呼びます。

借金の減額交渉では、今後の利息をカットするのを最低限の目標にしています。
利息が無くなれば元金の返済をするだけになり、確実に借金を減らしていけるでしょう。


今後の利息をカットする任意整理を行えば借金は確実に減ります。
借金で困っていて、返済する目途が立たないなら減額を考えましょう。
少なくとも今の状況を打開するきっかけにはなります。

任意整理後の支払いをも苦しいと感じる家計状況の時はすでに破産の状況と言うことになります。

弁護士や司法書士の人は、医者と同様その人に合った治療法、いわゆる解決方法をアドバイスしてくれます。

借金で日常生活が破綻しかけている人の多くは、長期間に渡って借金返済を行っています。
数年、あるいは十年以上借金の返済を続けている人も珍しくありません。
そんな人には法律に違反する過払い金が発生している可能性もあります。

過払い金とは、本来支払う必要が無い余分に取られたお金のことを言います。
特に借入期間が一定数年以上あり、利息が18%を超えている場合は、かなりの確率で過払い金が発生しているでしょう。
この払い過ぎたお金を取り戻すことが、過払い金返還請求です。

現在取っていい利息は明確に法律で決まっています。
10万未満なら20%、10万以上100万未満なら18%、100万以上なら15%となっています。

以前のようなグレーゾーン金利は違法となります。
しかし、昔は出資法の上限金利が29.2%とされており、これを下回る金利なら罰せられなかったため、本来支払う金利もよりも多くのお金が取られる結果になっていたのです。

ちなみに、2010年には出資法の上限金利が20%になり、グレーゾーン金利はほとんどなくなっているので、過払い金は発生しにくくなっています。
ですが、今でも過払い金請求の件数はそれなりの数があります。

それだけ借金している人の無知を良いことに、暴利を貪っている消費者金融が多いと言うことです。
消費者金融は違法に利息を取っていると気付いても、自らそれを告げることはありません。
そんな消費者金融には断固とした態度で臨まなければならないので覚えておきましょう。

借金を苦に命を絶つことを考えてはいけません。
どんなに重たい借金でも減額する方法はあるのです。
首が回らないほど借金があっても救いの道は残っているので、まずは任意整理を試してみましょう。

もしあなたが、借金の利息に悩んでいる、もう何年も借金生活を続けている、
そんな状態なら任意整理で劇的に生活を変えられるかもしれません。
なぜなら、任意整理を行うことで今後発生する借金の利息をカットして、その上で過払い金が戻ってくる可能性があるからです。


過払い金があれば返還請求を行い、今後の利息をカットする任意整理はかなりの借金減額を見込めます。
任意整理は弁護士、司法書士へ相談することになりますが、これによって通常は家族や周囲に借金が発覚することはありません。
借金をしている人の多くは、家族や周囲に借金を隠している傾向があります。
人に知られたくない借金事情を、専門家の人は秘密厳守で管理してくれるので安心しましょう。

任意整理のメリット
・利息制限法に基づく金利の引き直しによって借金が減る
・将来金利免除で長期分割払いになる(原則3年)
・交渉が成立するまで、返済はストップし、取り立てされない
・原則、裁判所を利用しない

任意整理のデメリット
・借り入れが5〜10年できなくなり、いわゆるブラックリストの対象になる
・任意整理手続きに応じない業者が増えている
・給与の差し押さえをしてくる業者が増えている


弁護士や司法書士がお手伝いできる借金の解決方法は大きく分けて3つ
@任意整理(和解)
A自己破産
B個人再生

これらの総称が「債務整理」です。

 

サイトマップ